お仏壇の種類

唐木仏壇

金仏壇

家具調(現代)仏壇

唐木仏壇は黒檀や紫檀などを中心に作られ、木目をいかしたものです。
お仏壇は、他の家具などより長い期間お使いになられるものですから、素材も堅牢で長い年月の乾燥や、気温の変化にも耐えられる、厳選したものをお選びいただくことが大切です。
最近では海外で大量生産された安価品を出張販売したり、ネット上でお仏壇を販売する店舗もみられますが、商品の品質、耐久性、仕上がりなどや、アフターサービスも考えてお選びいただくこともお勧めいたします。

金仏壇には杉や松、檜などの素材を使い、漆塗り金箔を施したものです。金仏壇の歴史は古く、本来はお仏壇と言えば金仏壇をさしていました。
お仏壇はお寺の内部と同じく浄土をあらわしたものです。金仏壇で気をつけなくてはいけないのは、金箔部分に直接素手でさわらないことです。
指紋がこびりついたあとをこすると、金箔がはげてしまうことがあるからです。お手入れは軽い毛ばたきなどでほこりを払うようにします。

生活様式の変化に伴って、お仏壇も都市生活や洋間にも合うデザインのものが普及しつつあります。サイズも手ごろでかさばらず、リビングルームのインテリアに調和する、シンプルなものが主流です。
お仏具もお仏壇に合わせ、小型でシンプルなものをお選びになるとよいでしょう。

創贈館HOMEへ

創贈館HOMEへ